• シリアル・スナックシリーズ1
  • シリアル・スナックシリーズ2
  • シリアル・スナックシリーズ3
シリアル・スナックシリーズ1 シリアル・スナックシリーズ2 シリアル・スナックシリーズ3

シリアル・スナックシリーズ

日本ケロッグ

シリアルのトップメーカーである日本ケロッグは、ケロッグ社の栄養面・技術面のノウハウを生かし、現代の多様な食シーンに対応できる、ビスケットタイプの栄養食品『シリアル・ビスケット クリスプ』シリーズを2006年8月から販売しています。

ブラビスは『シリアル・ビスケット クリスプ』シリーズのパッケージデザイン開発およびネーミング開発を行いました。

2011年8月に新フレーバーで発売された『玄米フレーククリスプ』は、玄米の持つ和のテイストを生かし、「黒糖&ハニー」と「抹茶&ミルク」の2種類で展開されました。

「黒糖&ハニー」は先行して発売されているシリアル『玄米フレーク黒糖』と背景色を連動させています。「抹茶&ミルク」は抹茶の粉末を背景に用いて素材感を強調しています。またビスケットはリズミカルなレイアウトにし、手軽さと楽しさを表現しています。各フレーバーのイメージシズルを大きく入れることで小さなパッケージの中でも味感がしっかり伝わる様なデザインを目指しました。

2008年に新発売された『オールブラン クラッカー』シリーズは、ケロッグ社初の塩味(甘くない)商品として、今まで難しかった男性ターゲットの取り込みと、おつまみなど夜の食シーンへの拡がりが期待される製品です。製品写真を際立たせる濃茶とそれぞれのフレーバーカラーのコントラストが鮮やかなデザインです。

朝食シリアルの枠を超えた新しいカテゴリーの製品なので、パッケージデザイン開発では製品特性の分かりやすさを重視しました。シリアル製品と共通のブランドロゴやブランドカラーを使用することでブランド間の整合性を保ちながら、形状や味わい、食シーンの異なる新しいタイプの製品であることをフードショットで伝えています。

『シリアルビスケット クリスプ』シリーズ、『オールブランクラッカー』シリーズは、全国で販売されています。

サービス
- ネーミング開発
- パッケージデザイン
日本ケロッグ 関連実績
- Kellogg's コーンフレーク
- Kミューズリー
- Kellogg's フルーツグラノラシリーズ
- Kellogg's フルーツグラノラ厳選素材
- シリアル:オールブランシリーズ
- シリアル・スナックシリーズ
- 午後もケロッグ
- プレディア/クリスピートリーツ