03. 企業理念構築

  • ヤマヒサ ペットケア事業部

ブラビスは、企業内の人々の心に響く企業理念構築を行っています。
全社員が企業理念を理解し自らの行動に反映させることで、全社一丸となって向かうべき方向へ力強く進んでいくことができます。

以下のポイントを意識しながら、全社員に共感され理解される企業理念開発を行っています。

1. なるべく社員を巻き込み参加意識を高めることで、より企業理念への思い入れや理解しようとする気持ちを醸成する。
2. 社員同士のディスカッションの中で開発を行い、外部コンサルタントは議論の先導役と内容のまとめに徹することで、社員が日頃から感じている生きた企業文化や風土を反映させる。
3. 様々な経歴の社員が、共通して理解しやすい表現をこころがける。グローバル企業においては、国や文化の違いも意識する。
4. 「人々の生活を豊かにする」等、究極の目的を突き詰めると他社と似たような理念になりがちなので、企業理念で使用されている言葉が、その企業にとってどのような意味なのか、明確に定義する。
5. その企業だからこそ使える言葉を探求し使用する。

開発事例:ヤマヒサ ペットケア事業部
株式会社ヤマヒサ ペットケア事業部の企業理念「かけがえのない、いのちに応える。」は、まさに社内のディスカッションから生まれました。

ペットスナックとペットケア用品全般を扱うリーディングカンパニーとして、PETIOブランドを通じて実現したい世の中(ブランドビジョン)、ビジョンを実現するためにPETIOブランドが果たす使命(ブランドミッション)、ミッションを遂行するためにPETIOブランドが提供する価値を(ブランドバリュー)について、ブランドリニューアルを担当している社員から考えや意見を集め、担当者全員でディスカッションを繰り返していきました。

社員のディスカッションから導きだされた「いのちの産業」、「誠実」、「やさしさ」、「ペットと人が幸せに暮らせる共生社会の創造」、「かけがえのない、いのちに応える。」等の言葉は、これまでまじめにペットケア事業と向き合ってきた社員の皆さんだからこそ、心から溢れ出た言葉です。新しく構築した企業理念は、社員がペットケア事業を真摯に受け止め、明確になった目標に全社一丸となって邁進していくための、心の原動力となっています。