14. コーポレートネーミング

  • ネクシオン

コーポレートネーミングは、企業に対する創業者の思い、企業理念、企業ビジョン、社風、事業カテゴリー等を表現したものが多く存在します。また、創業者名や創業地等の企業にゆかりがあるものをコーポレートネーミングにすることも多くあります。

コーポレートネーミング開発における前提条件
コーポレートネーミングは長期間に渡って使用できることが前提条件となりますので、以下のようなことを確認した上でコーポレートネーミング開発を行います。

1. コーポレートネーミング開発が何故必要なのか(新規会社設立、周年事業の一貫、ビジネスドメインの拡張や変更等)
2. 競合他社のコーポレートネーミングとその傾向
3. コーポレートネーミングに何を反映させるのか(社風、事業ドメイン、企業ビジョン等)
4. 使用地域(国内、海外)
5. 開発基準(ネーミングが備えているべきイメージや機能の基準)
6. 開発条件(開発に使用する主要言語、使用にあたって望ましいネーミング形状等)

コーポレートネーミングは長期間に渡って使用していく、企業の大きな資産の一つです。クリエイティビティのある素晴らしいネーミングを開発しても、商標が登録できなくてはコーポレートネーミングとしての役割を果たすことができません。また、グローバル企業の場合は、コーポレートネーミングを使用する各国言語で、ネガティブなイメージや意味がないかを確認し、コーポレートブランドを毀損するリスクを前もって検証する必要があります。

ブラビスでは、開発時から各国での使用の可能性を考慮し、企業資産として運用可能なコーポレートネーミングを提案しています。