02. ブランド戦略立案

  • ピップ スリムウォーク

ブランドコンサルタントは、ブランドに対する各種調査・分析を通して、ブランディング課題、プロジェクト目標、プロジェクト推進方法を明確にし、ブランドにとって最適な戦略を導きだしています。

開発事例:ピップ スリムウォーク
ピップ株式会社のスリムウォークは、着圧ソックス市場におけるリーディングブランドです。競合ブランドの台頭により、「スリムウォーク」ブランドの活性化と、新規顧客獲得が求められていました。ブランドの活性化に向けたパッケージデザインリニューアルにおいて、店頭と競合ブランドの動向を中心に、調査・分析を行いました。

ブラビスから提案したパッケージデザイン戦略は以下の3つに集約されます。
①ブランドエクイティの明確化
ブランドを想起させる共通のブランドエクイティ(ブランドカラー、ブランドロゴ、グラフィックフォーマット等)を造り、消費者とブランドの絆を強める。
②店頭において面で訴求できるパッケージデザイン
全パッケージで共通のブランドエクイティを展開することで、店頭で面としてスリムウォークブランドを訴求し、リピーターにとって商品が見つけやすく、新規顧客には商品アピールが効率的に行えるようにする。
③パッケージ全方位でのブランド訴求
ブランドエクイティを、箱の全表面に展開することで、どのような陳列がなされても、スリムウォークブランドを訴求できるようにする。

ブランドエクイティとして、スリムウォークレッド、ウェーブ型の帯、スリムウォークのロゴタイプが採用され、各商品パッケージに展開されています。パッケージ上部にブランドエクイティを配置し、下部では個々の商品特徴を明確に伝えています。スリムウォークブランドを訴求しながら、消費者の求めている商品が選びやすいデザインとしています。