ネスレ日本
  • - コンセプト開発
  • - パッケージデザイン
  • - コミュニケーション開発

ネスレ日本は、「キットカット」の主力製品である大袋タイプの外袋をプラスチックから紙に変更することで、世界規模で問題となっている海洋プラスチックごみへの取り組みを始めました。その取り組みを消費者に向けて効果的に発信できる、新しいパッケージが求められていました。

パッケージ素材が紙になり、環境に優しい製品になったことを生活者に直感的に知らせるため、クラフトペーパーの帯をあしらったパッケージデザインになっています。

また、プラスチック素材ではできなかった折り目をつけられるという紙の特性を活かして、パッケージが折り紙に生まれ変わる仕組みになっています。楽しみながら環境問題に取り組んでもらうために、想いを込めて作った「折り鶴」にメッセージを書いて贈るという、新たなコミュニケーションツールになることを目指したパッケージです。