ネスレ日本
  • - コンセプト開発
  • - パッケージデザイン開発
  • - コミュニケーション開発

より良い未来を見つめ続けるリニューアル

「キットカット」は日々、未来のために変わり続けています。世界的環境問題への取り組みの先駆けとして、主力製品である「キットカット」の大袋タイプをプラスチックから紙へ変更。その取り組みを消費者に向けて発信できる新たなパッケージが必要とされていました。

素材が紙になり、環境に優しい製品になったことを消費者に直感的に感じさせるために、クラフトペーパーの帯をあしらったデザインへと生まれ変わりました。また紙素材ならではの特性を活かし、パッケージが折り紙になるような仕掛けが施されており、未来へ想いを込めて折り鶴にメッセージを書いて贈るという新たなコミュニケーションツールとしての機能も兼ね備えていました。

さらに、「キットカット」ブランドの持つおいしさはそのままにレシピが変わり、”もっと前向きにbreakの輪が広がる”という新たに情緒的なベネフィットを伝えるパッケージリニューアルも行いました。変わらぬ美味しさ感を表現するために「キットカット」らしい王道感を強く意識し、新たなメッセージやリニューアルポイントを右上に集約。また、メッセージは手書き書体で右上りになるようにデザインすることで、「キットカット」ブランドに人の温もりとポジティブな世界観をプラスしています。

キットカットから展開しているブランド「キットカット 毎日のナッツ&クランベリー」においてもパッケージの紙化は行われました。「毎日とりたい、ナッツとクランベリー」というブランドコンセプトを、チョコレート、クランベリー、ナッツのシズルを規則的なパターンで配することによりパッケージ上で体現。また、洗練されたフォントでブランド名を英語表記することで、生活の中にあると気分の上がるアイテムのような顔つきとなっています。