“ASPaC(アスパック)”は、「アジア各国でデザインを学ぶ学生の国際交流を通じて、未来を拓く若い匠の力と世界に羽ばたく力を育成する」ことを目的に、国際交流事業を推進しています。

その活動のひとつとして、毎年「ASPaC Awards(日本・アジア学生パッケージデザイン・コンペティション)」が開催され、日本を含む、アジア9ヶ国・地域の学生が同じテーマでパッケージデザインを競い合っています。

弊社代表フミ・ササダは、2016年に一般社団法人アスパック協会会長に就任しており、今回「ASPaC Awards 2018 インドネシア予選」の募集が始まったことを受け、周知イベントやワークショップ参加のために訪イいたしました。

北ジャカルタ区の大学で新聞の取材に応じ、『インドネシアにおける中間所得層の拡大とEC市場の急速な成長に伴い、パッケージデザインも数年で大きく発展するだろう』と今後の展望を語っています。

記事:The Daily Jakarta Shimbun

Sorted