ロート製薬
  • - パッケージデザイン開発

効果感と目立ち度の両立を叶えた医薬品

ロート製薬の「メンソレータム」は、家庭の常備薬として長い間愛され続けているブランドです。そんなメンソレータムには、がまんできないかゆみ・湿疹・かぶれのための治療薬、「メンソレータム メディクイックシリーズ」があります。

「メンソレータム メディクイックシリーズ」の特徴は、かゆみ止め成分だけでなく、体でおだやかな作用をもたらすステロイドが配合されていること。ステロイドは効き目が強い分、体への負担が大きいと近年では敬遠されがちですが、本商品に配合されている「アンテドラッグ型ステロイド」は、治療効果と安全性を目的として開発された成分であることから、しっかりと効き目を感じながらも体への負担が少ない点が、お客様にとって嬉しいポイントになっています。

「メンソレータム メディクイックシリーズ」から新発売された「メンソレータム メディクイックプロ 」は、つらいかゆみと赤みを伴う湿疹を治すための医薬品で、ブラビスのストラテジー&コンサルティングチームと、クリエイティブチームがサポートしました。

ストラテジー&コンサルティングチームでは、まずブランドポートフォリオを見直すところからスタート。本商品が最も魅力的な形でターゲットへ届けられるよう、どのような見せ方で訴求をするべきなのかを検討しました。

パッケージデザインでは、ステロイド配合であることの効果感の強さを表現。メタリックのブルーとゴールドのコンビネーションにより、瞬時に効きそうだと感じられるものとなりました。パッケージ上部には、使用シーンを入れることでわかりやすさも意識。小さなパッケージが並ぶ店頭でも、しっかりと目に止まるようなデザインです。