キリン
  • - パッケージデザイン開発

王道感と品質感の向上により、市場に新たな風を吹かせる

健康志向の高まりにより、2020年に”自然派ビールテイスト炭酸飲料”として販売が開始された「キリン グリーンズフリー」。

本商品は、キリンビールの長年培ってきた技術力により、ノンアルコールビールの原材料として当たり前に採用されていた香料・人工甘味料を使わず、麦やホップなどの素材そのままの良さが楽しめる日本初の製法を採用。雑味のない爽やかな味わいを実現し、ビールの代替品として選ばれていたノンアルコール市場において、進んで手に取りたくなるノンアルコール・ビールテイスト飲料を登場させました。

ここ数年、コロナ渦により発売当初よりも健康志向は高まりっており、それに伴い、ノンアルコール市場の売上も右肩上がりの傾向ですが、ビール類飲用者の中でもノンアルコール・ビールテイスト飲料の飲用者は未だ少なく、拡大が見込める市場です。

そこで、「キリングリーンズフリー」は今春、中味・パッケージを大きくリニューアルし、新発売。ブラビスがパッケージデザインを担当いたしました。

本リニューアルでは、希少なホップを含めた3種類のホップをブレンド。類を見ない美味しさを実現させたことから、ビールの王道感がある、堂々とした佇まいのパッケージデザインとなっています。ブランドカラーに少し青みがかかったグリーンを新しく採用することで上質感を表現し、コミュニケーションでも訴求している「ちょっと特別なノンアル」を体現。特別感がありながらも、中味の爽やかさや軽やかさを担保するために、ロゴでは風に揺らいでいるような帯を使用しています。

健康感をメインで訴求するパッケージの多いノンアルコール市場の中で、美味しさ感や特別感が瞬時に伝わり、自然と手に取りたくなるパッケージデザインとなりました。