ユニ・チャーム
  • - パッケージデザイン開発

わかりやすさだけでなく、こだわりを伝える

株式会社ユニ・チャームのおむつブランド「ムーニー」のナチュラルムーニーシリーズは、肌が触れる内側の表面シートに、日本で唯一オーガニックコットンを採用。赤ちゃんのお肌へのやさしさと、安全な素材にこだわりを持ったブランドです。

そんなナチュラルムーニーから、日本で初めてオーガニックコットンを配合した「ナチュラルムーニー おしりふき」が新登場し、ブラビスがデザイン開発を担当しました。

本品が発売された背景には、肌トラブルを回避するために厚手で水分がたっぷりな「一番よいおしりふき」を選びたいという消費者意識が高まっていることがあります。しかし市場にある商品では、肌へのやさしさやふき取り性に関して十分に満足していないとの声があったことから、両性能を両立させた本品を発売することになりました。

パッケージデザインでは、オーガニックコットンを配合しているという製品特徴をしっかりと訴求するため、コットンフラワーをあしらったデザインに。赤味の青とグレイベージュのツートンで、肌へのやさしさや品質感を伝えています。さらに、競合商品の中では、おしりふきのデザインをおむつのデザインと連動させていることが多い中、本品は部分的におむつのデザイン要素を使いつつ、商品特徴をしっかりと伝えるデザインになっています。

おむつと、おしりふきが店頭で並ぶことで、シリーズの核である赤ちゃんへの思いやりや安全な素材へのこだわりが伝わることに成功しています。