ネスレ日本
  • - パッケージデザイン開発

人工知能(AI)も認めた上質なアソートパッケージ

世界的飲料・食品メーカーのネスレのコーヒーブランド「ネスカフェ」は、淹れたての上質な香りと味わいを実現したゴールドブレンドや、深い焙煎がもたらす豊かな香りとコクにこだわった香味焙煎など豊富なラインアップが楽しめます。

新型コロナウイルスの影響により、在宅時間が増加。伴って自宅でより美味しいコーヒーを手軽に楽しみたいという需要が高まっていました。そこで、消費者の需要に応えつつ、ゴールドブレンドと香味焙煎を気分に合わせての見分けできるアソート商品「ネスカフェ ブラックスティックセレクション」を発売。パッケージデザイン開発を担当しました。

本商品は2つのシリーズをブラックコーヒーがアソートになっている点が特徴ですが、両シリーズによるコブランディング的な表現ではなく、「ネスカフェ」のブラックコーヒーがアソートされているような独自性のある洗練された印象にし、しっかりと中身も想像できるようなデザインにすることがポイントでした。

ネスカフェブランドからからのアソートであることを一目で認識できるよう、ブランドロゴパネルを目立つ位置に配し、繊細かつシンプルな商品ロゴをデザインすることで洗練されたイメージを表現。パッケージの背景色を黒一色にすることで上質感を演出しつつ、ブラックコーヒーのアソートである商品特徴を押さえています。
また、正面にスティック画像を配すことでシンプルで上質なイメージを保ちつつ、しっかりと中身がわかり手に取りやすくなっています。

このデザインは、最新の人工知能(AI)によるパッケージデザイン評価が取り入れられ、AIも認めた高級感と上質感が伝わるデザインとなっています。